相続税は誰が払えばいいの?

被相続人の財産がどれだけ残っていたのかによって、相続税の支払いをするかしないかが変わってきます。
相続税の対象となるだけの財産が残っていた場合には分割協議を行ったあと、申告して相続税の支払いをしなければならないのですが、この相続税というのは基本的に相続人全てが支払いをしなければなりません。
もちろん相続税の対象となる相続人が該当するので、一人が沢山の相続をして他の相続人は対象とならなかったというケースでは対象になる1人のみが支払うことになっています。
反対に、たくさんの遺産が残っており、複数の相続人がそれぞれに相続税の対象となるだけの分割をした場合には全員が支払うことになっています。

そのため誰か1人でも相続税の支払いをしなかった場合には、他の相続人に請求が行くことになってしまい迷惑がかかるので、せっかく相続協議そのものが円満に解決できても、相続税の支払いによって大きなトラブルへと発展してしまうケースがあるので注意しましょう。

申告や支払いは同時に行うのが良い

複数の相続人に相続税の支払い義務が発生しているにもかかわらず、その内1人が税金を支払わないといったケースではその他の相続人に対して請求が行われることになります。
そうなると、他の相続人が自分の相続税を支払っているにもかかわらず、さらに支払をしない相続人の未納の税金のために迷惑を被ることになってしまうため、トラブルは避けられないといえるでしょう。
太っ腹に他の相続人の相続税まで支払ってくれるという相続人は多くありません。
そのためこのようなトラブルを防ぐためにはまず分割協議が終わり、それぞれに分与分を受け取った後で、相続税についての申告と納付について相続人が同時に行うのが1番良いと言えます。

万が一お仕事の都合などで同時に行うことができない場合には前もって相続税法誰か1人が預かり代理で支払うといった方法をとれば、その後1人だけが税金を納めずにトラブルになってしまうようなこともないでしょう。
残された財産や自分たちの分与分が多ければ多いほど、相続税の支払いもたくさんになってしまいますので、時間が経てばたつほどに相続税の支払いが嫌になってしまうような相続人もいるようです。

そうなると、請求が行われても知らん顔をしてしまい、他の相続人に対する請求が行われることになるので、このような部分を避けていくためにやはり同時に行うというのが1番の解決方法になります。

相続税がいくらなのかをあらかじめ計算しておくとよい

上記した通り、納付などを行っていく中で仕事で都合が悪いと言う場合には支払うべき相続税がいくらなのかをあらかじめ計算した上で他の相続人に預けるのが1番の方法になります。
しかし、相続税がいくら必要になるのかというのは素人が簡単に計算できるものではありませんので、税理士の先生にお願いして計算してもらうと良いでしょう。
そうすれば間違いない金額が導き出されますので、そこでの金額を他の相続人に預けるといった方法で支払いをしてもらうと良いでしょう。

役場としては、最終的にしっかりと税金の納められれば支払ってくれるのが誰であってもさほど気にする問題ではありません。
ただし、一部でも相続税の未納があれば、いつまでも請求が行われることになりますので気分的な問題としても早い段階で解決することができるように、支払方法や支払い金額を把握しておくのはとても大切なことになります。
一般的に遺産相続というのは、分割協議でもめてしまうといわれていますが、その後相続税についてトラブルが起きてしまうケースも少なくありませんから、気持ちよく相続問題を最後まで解決するために一人一人が責任をもって相続税を支払うことが大切になります。